スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラオサレポート

こんばんわ、今日はムラオサについてレポートします。

プレイ人数3~4人
プレイ時間30分

ムラオサは縄文時代の長になり資源を集めたり新技術を開発して集落を発展させていくゲームです。

まずはボードのセッティングをしましょう。
ランダムに配置します。

ゲームの流れ
スタートプレイヤーから以下の四つの手番を行います。

①移動
②遭遇
③マスの効果の解決
④目的地到達ボーナスと次の目的地の決定

一番最初の一手目は各プレイヤーは最初の目的地を決め、④だけ行います。
その次からは通常通り①~③まで順番通りに。④は目的地に到達したときのみ。


①移動
族長駒を1マスか2マス必ず動かす。(縦か横)
任意の資源を一個支払うことで1マス追加移動もできます。(資源を支払う限り何度でも行えます。)
移動の際には必ず目的地に進むように移動しなければなりません。(遠回りなどダメです。)

*船を持っている場合は船移動を行えます。
船移動は現在地の隣接している海マスから海以外のマスに到達するまで何マスも移動できます。



②遭遇
移動を終えたマスに他のプレイヤーがいたら発生します。
手番プレイヤーはそのマスに族長駒を置いていた各プレイヤーに自分が持つ資源を一個渡します。

*技術「犬」を持っていた場合は遭遇時に資源を渡す必要ありません。
代わりにそのマスに族長駒を置いていたプレイヤーは自分の資源を一個手番プレイヤーに渡さなければなりません。
お互いに犬を持っていたら通常処理をします。


③マスの効果の解決
止まったマスの効果を解決します。
資源を得るマスや技術を得るマスなどがあります。
そのマスに対応する技術を持っていればさらに追加の効果を得られるマスもあります。

これは実際のプレイをしてみてください。

それと時代ボーナスと言うのもあり、勝利点が一番進んでる駒の居る場所が現代となります。
そこと同じ色のマスにとまると勝利点1点を獲得します。


④目的地到達ボーナスと次の目的地の決定
目的地到達ボーナスが自分の集落から目的地までのマスの数を2マスにつき勝利点1点を獲得します。(端数切り捨て)
その後に目的地駒を自分の集落に置きます。
次の目的地は集落となるのです。
(集落についたらまた次の目的地を決めます。)



ゲームの終了条件はいずれかのプレイヤーが勝利点21点以上になったらその手番を行って終わりです。
最終勝利点は以下の通りです。

・ゲーム中に獲得した勝利点
・持ってる技術の勝利点
・持ってる呪力1個1点

合計で一番多い人の勝ちです。






muraosa.jpeg



四人でプレイしました。
プレイ時間は大体30~40分くらいかなー。
インストは10~15分くらいでした。初回プレイはこんな感じでした。
プレイ感は軽いので皆さんおすすめです♪


プレイの感じはすごろくですね。
さいころはないけど、手番が来たらマスを進めてそのマスの効果を解決。
目的地に着いたらご褒美に勝利点を得るという、見事にすごろく。

すごろくだけど、目的地を決めるのが結構難しい。
目的地に行くまでのマス数は勝利点だけど、道中ここを通れば技術も一緒に取れるだとか色々考えないとって感じです。
目的地を決めるのが一番難しかったです。・・・というかそこが一番考えどころな気がしました。

犬はウザいです。w
取った方がいいと思いますw(かなり取られたw


最初に箱開けてたら説明書がないって焦ったけどこのゲーム、説明書はPDFなようです。
紙の説明書はないので注意して下さい。






スポンサーサイト

上洛

こんばんわ、今日は上洛についてレポートしまーす。



jyouraku.jpg

プレイ人数3~5人。
ゲーム時間40~60分。

トリックテイキング+陣取りのゲームです。

京都へ目指すため、あなた(プレイヤー)は大名となり武将たちを率い各地に勢力を拡げなくてはなりません。
各地に勢力を拡げ、あなたの名声をあげることで全国の覇者となることができるでしょう。

テーマはこんな感じです。
テーマとタイトルはよく合ってるように思いました。


では、ザッと説明します。

ゲームの準備
①プレイヤーが各自持つもの
大名駒2個、武将駒10個、各色のサマリーカード、

②大名カードをプレイヤー全員に配り、その地域に大名駒を置く。
もう一つの大名駒をす点数ボードへ。
大名カードの数字が一番高かった人がスタートプレイヤーマーカーである勝鬨カードを受け取る。


ラウンドは全部で3回やります。戦支度(ラウンド準備)→合戦(トリックテイク+陣取り)→勢力争い(点数計算)を3回

ラウンドの流れ
①戦支度(ラウンド準備)
全ての合戦カードを混ぜてプレイヤーにカードを配ります。(プレイ人数により変化)
配りきりではないので残ったカードは伏せて一度片付けておく。

各プレイヤーは自分の手札からいらない2枚を裏向きにして左隣のプレイヤーに渡します。
これを全プレイヤー、一斉にやります。

②合戦(トリックテイク+陣取り)
スタートプレイヤー(以下SP)から時計回りにカードを1枚ずつ出していきます。
マストフォローのトリテ(*)です
出した時にその都度、合戦カードの効果を使用します。(これが陣取り要素)

全員が1枚ずつカードを出したら、色に関係なく、数字の大きい人が勝ちです。

勝利した人が次の勝鬨カード(SP)を受け取り、手札がなくなるまで繰り返します。


③勢力争い(得点計算)
カードを出し終わったら、名声点の計算です。(勝利点計算)
6の信濃から京都の順に行って行きます。

各地域の駒のポイント(大名が2ポイント、武将駒は1ポイント)が高い人順にボードに記載されてる点数を得ます。
3位まで点数がもらえますが、地域やラウンド数によりもらえない時もあります。


以上です。
3ラウンドやり、1番勝利点を獲得した人の勝利になります。





プレイ風景はこんなん。上の画像はゲーム終わりの画像ですけど。
319misubodo (2)
jyouraku (2)


私がやった時は4人でやりました。
プレイ時間も40分、インスト入れて60分くらいでしたかね。
測ってないけど多分そのくらいw

結構考えることありましたねぇ。
一番最初はマストフォローだけど結局数字が大きい人が勝つのなら別にマストフォローじゃなくてもって思ってました。

けどプレイしてみると地味にマストフォローが効いてる気がしましたね。
このカード使いたいけど色が有り無しで出せる、出せないがあって使いたいカードが使えないジレンマが効いてます。
そういう出せないけど出したいカードがあったりでなかなかむずがゆい感じでした。
マストフォロー、よくできてるな・・。

でもプレイ感はトリテより陣取りでしたね。
結局トリテはトリテだけど、あくまでカードの効果を使うためのトリテであって、やってることは陣取りでしたの。
や、まぁトリテしてますけどw
トリックテイクって言うか、陣取りゲーだなーと思いました。





*マストフォローのトリテ
全員が順番に手札からカード1枚を出します。
SPが出したら次の人が出す。それを全員がやります。
しかし、SPの次の人からはSPの出したカードと同じ色のカードを出さなくてはいけせん。
持っていなければ何の色でもいいですが、SPの出したカードと同じ色のカードが手札にあれば必ずその色のカードを出さなくてはいけません。

ガラクターオークションレポート

こんばんわ、由衣です。

今日はガラクタオークションについてレポートしますー。
garakuta (2)

プレイ時間15分
プレイ人数3~5人

garakuta (1)

んじゃ軽く説明から行きましょう。

あなたたちは最近成り上がったセレブでオークションに参加しています。
出品物はガラクタに見えるので見せ金を用意しています。

そんなオークションをする競りゲーです。


まず5枚の金額カードと好事者カードを配ります。

①次回オークション決定権カードを持ってる人が出品物カードを見て競るための一枚を選びます。
自分を含めた任意のプレイヤーにスタートプレイヤーカードを渡します。

②スタートプレイヤーを受け取った人から五枚の手持ちのカードから好きな枚数を伏せて入札額を決めます。
(枚数はわかるように置く)

③次のプレイヤーは前のプレイヤーのカードを一枚だけ見てから自分の入札する額を決めカードを伏せます。
それを繰り返し、全てのプレイヤーが入札額を決めます。

④決めたら全員がカードをオープン。

一番高い金額の人が落札者になり、出品物カードを獲得します。
そして入札額と同じ上二ケタの点数分、勝利点を減らします。(5000で落としたなら5点減らす、10000なら10点減らす)
一番高い金額のカードは次ターン使えないので表にして別に置いて下さい。

一番安い金額だった人は次回オークション決定権カードを受け取ります。
勝利点の増減も、お金カードの制限もありません。

それ以外の人は入札金額と同じ上二ケタの点数分、勝利点を獲得します。
一番高い金額カードは使えません。

①~④までを7枚全ての出品物カードが落札されるか除外されるまで繰り返します。
終わったら準備段階で配った好事者カードを表にし、そこに書かれている出品物を獲得していたら1枚30点が勝利点になります。
点数を計算し、もっとも多い人の勝ちです。




プレイ風景はこんなの
313yuibodo (3)


四人でプレイ。プレイ時間はインスト含め30分位でしょうか。
インストがグダグダにならなければもっと短いと思います。(私はインスト苦手だから)

私がプレイした時はなぜか一個も出品物カードを落札できなかったのですが、2位でした。
あと3点差でなかなか悔しい。

落札できなくても中間の落札金額で点数を手に入れることができるので競りゲーが苦手な人でも楽しめるゲームだと思います。(私は苦手だw)
持っている金額も全員20,000と一律で、カードを1枚は表にし、相手が何枚出したのかという情報もあるので、わかりやすかったです。
時間もササっとできる感じだし、競りが苦手な人でも楽しめるプチ競りゲーでした。



ドンクラーヴェ!遊んでみたよ。

こんばんわ、お久しぶりです。
由衣です。
今日はドンクラーヴェについてレポートします。


donclave2.jpg

プレイ人数2~4人
プレイ時間5~15分
対象年齢12歳以上


まずは軽くゲーム説明!

全員にどんぐりカードを4枚配ります。
そしてカード置き場も1枚ずつ。

そしてスタートプレイヤーから順番に以下の行動をします。

①任意の宣言カードを一枚選び、自分のカード置き場の上に表向きでのせる(禁句マーカーの置かれているもの以外で)

②任意のどんぐりカードを1枚カード置き場の上に伏せて乗せる。

これをスタートプレイヤーから順番に行い、全員やります。


やり終わったら場に残っている誰も選ばなかった三枚の宣言カードに1点分の得点チップを乗せます。
全員がどんぐりカードを一斉に表向きにして各自の宣言が達成できているかを確認。

達成できたら得点チップを受け取ることができます。

これを繰り返し、プレイヤーの誰かが勝利点(プレイ人数によって異なる)を獲得した時にゲーム終了です。




donclave.jpg

三人戦でプレイしました。
ブラフってやつですかね。
あまり得意じゃないんだけど頑張ってみましたw
けど、負けたwww

絵が可愛いし、軽いからちょっとやるのにすごくいいよね。
楽しかったよ♪
また時間が中途半端な時とかやりたい。
さっくり終わるし♪


英語対応してます!
相変わらずすげーな。最近の同人って。(全然やらなかったから・・

琳派 RINPA

こんばんわ、由衣です。
今日はゲムマレポートを頑張りまーす。


琳派RINPA
rinpa.jpg

プレイ時間20分 
推奨年齢8歳以上
プレイ人数3~5人

セットコレクションらしきものがついたトリックテイキング
わたしにはめっちゃ難しかったけど。

では、軽くゲームのルール説明から。


カードのセットを取るのが目的。
カードが一枚一点でそのまま得点。

まずは普通のトリックテイキング(マストフォロー)していきます。
使用したカードはすべて中央に並べます。
カードごとに色と数字と書いてあるのでそのまま並べます。

並べていき、セットが完成したら完成させた人がセットを取ります。

トリックの勝負に関係なく、セットを完成させた人がセットをもらえます.


*特例
トリックの勝者は自分で出したカードで完成させてなくても、同じ種類のカードセットが完成した場合は獲得できます。
セットを完成させた人はトリックの勝者が取っていたら取れません。


以上、手札がなくなり、カードをたくさん獲得できた人の勝ちです。





なお、ここのルール説明は簡単に書いてあるのでこのゲームをやりたい人はちゃんとルールブック見るか、インスト受けてくださいねー。

プレイ雰囲気
1128ootahi (2)
これ、一回目で実はルール間違ってやってた・・。


説明書理解するのに時間かかった・・。
や、わたしが理解力がなかっただけかもしれないけど。
一回目間違えてやってたしw

しかし、2.3回やったけど難しいトリックテイクでどうやったら勝てるのか全然わかんなかったなー><
難しいトリテがやりたい人におススメかも。

でも人によっては全然難しくないらしくて個人差すごいww
なんか普通のトリテとは考え方を変えないと行けないらしいです。(通用しないんだって)

でも絵はすごくきれい!!
【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
カウンター
ドラクエ風アクセスカウンターもどき
最新記事
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
メールフォーム
もし何かあればこちらにメールください。 出来る限り返信させて頂き来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

由衣

Author:由衣
ようこそ。ここでは趣味のボードゲームについて語っている場所でございます。
もしお暇でしたら少し覗いてやってくださいませ。
ボードゲーム興味無い方が興味持っていただけるととても喜びます。

FC2掲示板
参加ランキング
よかったらぽちっとな。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村
秘密のリンク♪&相互リンク様
同種のサイト様、ブログ様、相互リンク歓迎します。
私のイチオシゲーム
アマゾンリンクになってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。