スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルインズエクスプローラー

久しぶりのゲーム紹介記事です。
紹介なのか、レビューなのか、感想なのか、もはやわかりませんwww

そんな今日書くゲームは「ルインズエクスプローラー」です。

実はプレイ動画を最近始めまして、ルインズエクスプローラーに関しては動画があります。
よかったらどうぞ!→動画
ちなみにまだ動画はこれの他にブロックスデュオのプレイ動画があります。
もし興味のある方はユーストリームで見てみてください。(私がとてもエラそうorz)

さて、プレイ時間10~15分。2人用ゲームです。
ruinzu1.jpg

とても絵が可愛いのが特徴。
ruinzu2.jpg

さて、ゲームですが、ダンジョン探索カードゲームです。
プレイヤーはまず手札に6枚ずつ持ちスタートします。
やれる事はまず二つ。①サーチするか、②ドローするか。
サーチはダンジョンカードを三つ出した状態でないと出来ないので基本はドローですね。

①サーチ。
これはダンジョンカードが三つ並んでないとできません。
サーチと言ってカードをダンジョンカードの右にカードを横にしておきます。
この時出たカードのサイコロの目の数がお宝(勝利点)になります。
ダンジョンを深く潜れば深いほど勝利点は高くなります。
三回サーチを終えるとゲーム終了。もしくは山札がなくなったらゲーム終了です。

②ドロー
サーチができなければドローします。
ドローした後は三つ出来る事があります。

1.ダンジョンカードを出す。エネミーカードを出して相手を邪魔する。
ダンジョンカードが手持ちにあれば出してダンジョンを進みましょう。
ダンジョンカードを出した後(出せなくても)エネミーカードを相手に出して邪魔することもできます。

2.エネミーカードの撃破
自分のダンジョンにエネミーカードが置かれていれば倒しましょう。次のダンジョンカードを出す事は出来ません。
倒すにはキャラクターカードが必要です。
基本的にキャラクターカードとエネミーカードのじゃんけんマークでキャラが勝てば勝利です。
エネミーを撃破し、自分の手元に置いておきましょう。
倒したエネミーのレベルの数が自分の勝利点となります。

3.再ドロー
ダンジョンカードも出せない、エネミーも倒せない。
そんな時はもう一度ドローすることができます。(戦略的ドローも有)

②のターンが終わったら手札の整理します。
再ドローした場合は手札が6枚以上になってる事が多いので必ず、自分のターンの終わりに手札は6枚以内にします。
それから相手のターンに移ります。


こんな感じでダンジョンをサクサク進めていき、勝利点の多い方の勝ちと言うゲームでございます。
キャラクターカードにはそれぞれスキルが付いていて、アドバンス(ダンジョンカードを出す事が出来る)等スキルはカードを捨て札にするときに発動します。
つまり、エネミーカードを倒した時、手札を整理する時にスキルが発動するのでそこも戦略が考えられます。


まぁとはいっても、山札からのカードの引きが全てと言っても過言ではないので引きによりけり・・・なのかなと感じがします。私は。
でも軽くてサクッとできるのでなかなか面白いと思います。
ゲーム初心者等にもお勧めなゲームですね。
絵が可愛いから入りやすいし、ルールも簡単、時間も短い!
素晴らしい初心者向け!



山札が無くなってのゲーム終了時はこんな感じでした。
54misubodo2.jpg
GWのミスボドの時の写メですけどw
確かエネミーがやっと倒したってとこでガンガン出され続けて負けた気がしますwww

6/10点
スポンサーサイト

ワードバスケット

初の「わ」ですな。

ああ、でも他に「わ」の付くゲームなんか持ってなかった気がするww


ワンナイト人狼ほしい




メビウスゲームズ ワードバスケット カード60枚メビウスゲームズ ワードバスケット カード60枚
()
メビウスゲームズ

商品詳細を見る
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:10分。
ハマるときはハマる!多人数がオススメ!




さて、ワードバスケットです。要はしりとりです。
早い者勝ちのしりとり。

手札を5枚ずつ配り、これを先になくした人の勝ちです。



こんなカードがあります。
wordbasket2.jpg



最初に「ワードバスケット」って掛け声で山札のカードを1枚場に置きます
(昔のは場に置くためのバスケットがちゃんとあったらしいです。)


場のカードの文字で始まり、手札の文字で終わる文字を言い、場に投げ入れます。

当然被るときもありますがカードが下に入ってた方が優先です。


言葉は基本名詞・・だよね?w
名詞です。3文字以上の名詞を言いましょう。二文字はだめです。

残り一枚のときは「リーチ」と言います。
ただし、上がるときは4文字以上の言葉を言わなくてはなりません。


あ、どうしても言葉が見つからないときはリセットもできます。

今ある手札を全部捨て今あった手札+1枚取ってください。


文字カードだけでなくワイルドカードもあります。
wordbasket1.jpg

5文字限定のカードだったり、あ行のカードだったり、さあ、皆さんもやってみよう!


私はこのゲーム、ハマりました。

ハマったのは私が行ってるゲーム会で流行ってたからなんだけどねwww
練習すると速くなるよww
ちょっとは早くなったかもw

一番に上がれた時の快感度は異常^^


ギーク8/10点
【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
カウンター
ドラクエ風アクセスカウンターもどき
最新記事
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム
もし何かあればこちらにメールください。 出来る限り返信させて頂き来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

由衣

Author:由衣
ようこそ。ここでは趣味のボードゲームについて語っている場所でございます。
もしお暇でしたら少し覗いてやってくださいませ。
ボードゲーム興味無い方が興味持っていただけるととても喜びます。

FC2掲示板
参加ランキング
よかったらぽちっとな。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村
秘密のリンク♪&相互リンク様
同種のサイト様、ブログ様、相互リンク歓迎します。
私のイチオシゲーム
アマゾンリンクになってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。